ダンベルとダイエット

ダンベルもダイエットには有効なアイテムです。ダイエットでは有酸素運動に注目がいきがちですが、程よく体に筋肉も付けることで痩せやすい体質に変わることができるのです。

ジョギングをしていれば、下半身の筋肉は付きやすいのですが、上半身は中々筋肉がつきません。そこでダンベル運動の出番です。何も10kg20kgといったダンベルを持つ必要はありません。女性であれば2kgや3kg程度のダンベルで構いません。男性の方でも女性くらいの重さ、多くても5kgで十分です。その重さでのダンベル運動に慣れてくれば、筋肉は十分に付いてきたという証拠です。

もちろん、ダンベルの使い方によって鍛えられる部位が異なり、部位が異なれば鍛える具合も異なります。例えば横腹(外腹斜筋)といった部位は衰えている人が多いため、腕でダンベルを持ち上げるのは簡単であっても横腹のエクササイズをしたら激しい筋肉痛になってしまうということはよくあることです。ダンベル運動は簡単お手軽ですが、運動法はしっかりと学ぶ必要があります。

ダンベルは5kg以下であれば1000円2000円位で購入可能ですが、いずれ本格的に鍛えるかもという方の場合は最大15kgや20kgで、重さの調整が可能なダンベルをオススメします。それでも値段は5000円以下で買えます。

■僕が購入したダンベル
僕がダンベルをはじめて購入したのは大学2年の時でした。確か山善の調整可能ダンベル(最大10kg)でした。これを2セット購入しました。汗せいで持ち手の部分が薄っすら錆びはしたものの、問題なく使えました。値段は1セット4000円くらいだったかと思います。

ダンベル運動を始めて3ヶ月位経った時だったかと思います。思いのほか筋肉が身に付いたために最大の10kgでも物足りなくなってしまいました。そして同じく山善のダンベル20kgセットを2つ購入しました。こちらは5000円くらいだったかと思います。

僕は小学から中学と野球をやっていまして、高校では1年生の時で辞めてしまいましたけどラグビー部にも所属していました。なので小学生の時から筋トレをやることは珍しくありませんでした。ラグビー部を辞めてからは体がたるみがちになってしまいましたけど、一度過去に筋肉を鍛えていたというメモリーのお陰で僕はダンベル運動でみるみる筋肉が身についていきました。

ダンベル運動を開始して半年後には、20kgも余裕になってしまったくらいです。もともとダイエット目的でダンベル運動を加えたのでしたが、この時期はすっかり筋トレに嵌っていました(笑)。