なわとびとダイエット

なわとびといえば、子どものお遊戯というイメージが強いという人もまだいるかもしれません。ですが、大人になってなわとびに挑戦してみると分かります。なわとびというのは非常に激しい運動なのだと。

激しい有酸素運動効果があるなわとびは、ダイエット運動としても注目されています。なわとびダイエットエクササイズもあるくらいです。あまり馴染みの無い方にはその場でジャンプしているだけなのでジョギングほどの運動量と誤解する人もいるのですが、やってみればその差は明白です。ただの前とびを連続するだけでも、数分で心拍数は高まって冬でも汗が出てきます。

とび方を工夫すれば運動効果に変化を与えられるだけでなく、楽しみも増すのがなわとびの良いところです。例えば「二重とびを100回できるようにするぞ!」と目標を立てることで、ダイエットが楽しくもなります。

なわとびに使用する縄は、トビナワやジャンプロープといった名前で市販されています。ナワの材質は様々ですが、オススメはポリウレタン製が軽くてとびやすく、また低価格なのでオススメです。中には飛んだ回数をカウントする機能や、ロープ部が重いトレーニング用といったアイデア商品もあります。

■僕が購入したなわとび
僕が持っているトビナワは、アシックス製です。長年これと同じタイプを使用し続けています。値段は1000円以下で買えます。軽くて非常にとびやすいです。二重とびや三重とびにチャレンジしたい人にはオススメのトビナワです。

僕がなわとびを始めたのは幼稚園。もっともそのころはお遊戯でしたけれどもね。本格的になわとびに嵌ったのは小学生。僕の通っていた小学生はなわとびに積極的な学校だったので、みんな休み時間にはなわとびで遊んでいる子が多かったです。僕はその中でも夢中になっていた子で、小学5年6年の時には全校なわとび大会の二重とびの部と三重とびの部、交差二重とびの部の3つにベスト3入りをしたくらい得意でした。うち、三重とびでは1位でした!

そういう過去の栄光もあったため、大学中のダイエットでなわとびダイエットというものに興味が沸いたのでした。非常に残念なことに、子どもの頃のようにはとべずに四苦八苦しましたが、ダイエットが進むにつれて体が軽くなったというのもあって、また二重とびや三重とびも飛べるようになりました。

なわとびはさすがに室内でやるには難しい運動ですが、自宅に庭や駐車場があるのであればそこで行えます。ジョギングであたりを回ったり、ジムに通うというのに比べれば、非常にお手軽なダイエット運動でしょう。